FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
[ジャンル/テーマ]: /
[カテゴリ]: スポンサー広告
[タグ]: 未指定
[--/--/-- --:--:--] | トラックバック(-) | コメント(-) | [Article Edit]

全国版Uber、全国タクシー

海外に行ったときの強い味方のUberですが、日本ですと東京しか使えなく、地方民は涙目ですよね。

んで、各タクシー会社も似たようなサービスを立ち上げてますけど、地域限定なため汎用性に欠けてしまうのがネック。

でもそんな状況を打破するのが、その名も全国タクシー。

なんともな名前ですが、その名の通り、日本全国どこででも使えるみたいです。

で、タイムリーにGoogle Mapの経路案内と連携した記念で1,500円のクーポンが貰えたので初めて配車してみました。

全国版Uber、全国タクシー

基本的な登録法、使い方はUberとほぼ同じです。

で、やはりUberと同じくお友達紹介制度があるらしく、コードを使うと両人に1,000円分の無料乗車が付いてくるという完全パクリ仕様です。

では私のコード、AF6F69を使って今すぐ登録しましょう!

全国版Uber、全国タクシー

乗車したら更に1,000円OFFクーポン貰えました。

全国版Uber、全国タクシー

サービスエリアはまだまだ拡充中のようで、関空では使えません。

全国版Uber、全国タクシー

全国タクシー

https://japantaxi.jp/

全国タクシー iOSアプリ

https://itunes.apple.com/jp/app/id481647073?mt=8

全国タクシー Androidアプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nikko_data.japantaxi



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
スポンサーサイト
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 旅行/国内旅行
[カテゴリ]: Japan
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2017/03/25 22:36:10] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

わくわく関空見学プラン特別号「機内食工場見学ツアー」

久し振りに関空セミナー企画。

最近もわくわくセミナー自体は定期的に開催されてたけど内容にあんまり興味が無かったのと多忙だったのでしばらくお休みしてましたけど今回は機内食工場見学編。

普段から開催されてるんですけど団体客が対象で個人での受け付けは基本的に無し。

今回は特別企画で個人が対象になったってことで申し込んでみたら20人の狭き枠を勝ち取れた。

IMG_6635.jpg

集合場所は機内食を食べられるレストラン、コンコルド。

IMG_6646.jpg

Finnairのビジ食は3,000円。

IMG_6636.jpg

開始までちょっと時間があったのでうろうろしてみるとちょうどCX565が台北に向かうところでした。

IMG_6639.jpg

ショップにはプレミア価格のマリンジャンボのダイキャストが…。

IMG_6638.jpg

昔マリンジャンボのプラモデル持ってたけどその時にダイキャスト買っておけばこんな価格まで高騰したのか…。

そんなこんなでツアー開始でまずは機内食体験ってことで料理長からご説明。

IMG_6641.jpg

ストックしてある食材でオリジナルの機内食風メニューを作りましたので楽しんでください~!

料理長曰く、「ロコモコ丼」。

IMG_6642.jpg

私にはハンバーグライスって感じでしたがキャセイの5倍ぐらい美味しかった。

これ、びっくりしたんですけどこういうツアーっててっきり子供連れの家族で占められるもんだと思ってたのに蓋を開けてみれば全員大人。

というか自分を含め、いい年したおっちゃんおばちゃんばっか。

我々のグループが一番若い感じでした。

恐るべし飛行機マニア達。

さて、続いて工場見学へ。

IMG_6648.jpg

一般人は普段入ることが出来ない制限エリアへのゲートを通過してこちらも普段は絶対使用できない国際郵便局。

IMG_6649.jpg

おなじみのトラックがずらり。

IMG_6650.jpg

IMG_6658.jpg

到着。

IMG_6656.jpg

このバス停は職員用バスの為らしいですけど、一般人でも一時申請すれば来れるってことのようです。

IMG_6657.jpg

今回の工場見学はAAS Catering Co.,Ltd.ってことで残念ながらわざと不味く汚く作るキャセイパシフィックはハンドリングされてません。

IMG_6651.jpg

ちなみに関空のキャセイの機内食担当はこっちです。

ロイヤルインフライトケイタリング株式会社

普段見ることができないアングルから。

IMG_6652.jpg

IMG_6653.jpg

食品扱ってるので健康診断アンケートと検温。

IMG_6655.jpg

白衣に着替えていざ出陣。

IMG_6654.jpg

当然中の様子は撮影禁止で、携帯、時計、アクセサリー等、全部持ち込み禁止です。

中はすんごい広い給食室。

日本で唯一認証を受けたHALAL厨房があって、部屋の中は全て緑色。

機内食だけでなく、アメニティや毛布なんかもストックされていて、DeltaのTUMIアメニティポーチも大量に置いてあってお土産に欲しかった。

置いてあるものは全て免税なので廃棄する際は税関職員を召喚して目の前で廃棄するのだとか。

こういうのもたまには楽しいでしょ。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 旅行/飛行機/フライト/機内食
[カテゴリ]: Airlines
[タグ]: 飛行機 お出かけ・お買いもの
[2017/01/22 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

京都国立博物館 COUNTDOWN 2016→2017

2017年は久し振りに屋外でカウントダウン。

関係者からお誘いを受けてこんなイベントに参加。

IMG_6601.jpg

ラジオのイベントで白井貴子と矢井田瞳のカウントダウンライブ。

白井貴子は知らない人多いかもですがビオレママのCMであけみさんの声やってる人。

あけみさん | ビオレママって? | ビオレママとあそぼう | ビオレu | 花王株式会社

矢井田瞳は「だりだり~ん♪」で一世を風靡したのでみんな知ってますよね。

厳かな国立博物館でのカウントダウンライブって結構すごい。

IMG_6602.jpg

IMG_6603.jpg

大晦日の夜から博物館は臨時開業でした。

IMG_6604.jpg

関係者なのでパスをいただく。

IMG_6605.jpg

カウントダウンは建物の壁に映像が映されるエフェクトで。

IMG_6607.jpg

新年快樂!

IMG_6608.jpg

極寒の屋外ステージでヤイコの生だりだり~んを堪能。

IMG_6610.jpg

かっちょいいライトアップ。

IMG_6611.jpg

この後、楽屋に挨拶させていただき、2017年初サインをゲット!

IMG_6626.jpg

「あー!2017年初サインやー!」とご本人。

写真は肖像権とかなんかそういうのがあったらダメなので撮ってもらったけど非公開で。

これを機にCDを買って色々聞いてみてますが直接会って喋ったことがあるとまた違う感じでCDを聴けるものです。

今は一曲からダウンロードできる時代なので一度聞いてみてちょーだいね。





少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 地域情報/京都
[カテゴリ]: Japan
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2017/01/14 14:51:24] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

さ、今年は自力で招待されましたキャセイのクリパ。

同伴者枠はオホモダチのTeppeiさんだ!

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

かつては12月に開催されていたのでクリスマスパーティーと呼んでいたようですが今は11月に開催なのでカクテルパーティーに改名されているそうです。

富士山見ながらトーキョーへ。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

トーキョー駅でウルトラさんと待ち合わせしてUberで今年の会場であるAndazへ。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

遠方から来てるワタクシはお泊りセットを持っていて邪魔なのですが、名古屋からお越しの謎のダイヤマルコのヨーイチさんは招待状届いた日にAndaz予約したって言うんで荷物置かせてもらいがてらお部屋にお邪魔します。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

ウルトラさんはヨーイチさんの同伴者枠で参加されました。

ワイン飲むと悪酔いしちゃうのでコーラで開場までまったり。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

Teppeiさんが合流したのでチェックイン。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

虎の門ヒルズのルーフトップですよ皆さん!

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

関東に降った雪がまだ残ってます。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

顔は見せられないけど美男美女のMC。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

日本支社長のご挨拶で開幕。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

シャンペインは機内でおなじみ、Deutzでっせ!

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

料理。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

記念撮影はインスタグラム。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

おなじみ、くじ引き。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

私とヨーイチさんがそれぞれ機内販売で買えるアメニティを頂きました。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

終了後、M氏がやってきたのでみんなでキャセイからのお土産のワインで部屋飲み。

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016

自力で招待された初めてのパーティーでしたが非常に小ぶりで計80名程度の参加だったようです。

来年も呼んでもらえるように頑張って飛びたいな~。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/12/03 11:00:00] | Trackback(0) | Comment(4) | [Article Edit]

iPhone 6sのバッテリー、やっぱりリコール出た!

先日記事にしたiPhone 6sのバッテリーの件、超タイムリーに公式リコールが出ました!

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

URLはこちらですが、なんと本日11月23日現在、日本語ページを選択しても英語表記のままです。
https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

この件、そもそもどういったものかと言うと、iOS 10にアップデートしたiPhone 6sでバッテリー消耗が以上に激しくなったり、残量表示が何十パーセントも残っているのにいきなり電源が落ちるものです。

中国を中心にこの症状を持つユーザーの声が高まって、最初は「中華製の安い劣悪ACアダプタや非認証充電ケーブル使ってるから内部基板がイカれたんだろ」との見方が強かったようですが、カナダなんかでも声が出始めてて、私も「あー、自分のと同じ症状だ…。非正規品なんて使ってないのに…。」なんて思ってたらやっぱりリコールになりました。

そんな訳で日本語ページは英語でも中国語ページはちゃんと中国語で記載されている。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

ただし、iPhone 6s全てかと言うとそういう訳ではなく、公式ページによると、

manufactured between September and October 2015 (2015年9月から10月に製造されたもの)という縛りがあるそう。

私が購入したのは2015年9月末の恐らくいわゆる初期ロット組ってやつっぽい。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

つべこべ言わず、対象かどうか知りたい!っていう人はシリアル番号からある程度のあたりを付けることは出来るようで、シリアル番号の4番目と5番目が「Q4」, 「Q5」, 「Q6」, 「Q7」, 「Q8」, 「Q9」, 「QC」, 「QD」, 「QF」, 「QG」, 「QH」の端末の人がかなりな高確率で該当機らしいです。

私のシリアル番号は「QC」でドストライク。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

ちなみに、シリアル番号の読み方をついでに調べてみたので簡単にまとめてみます。

12桁の文字列は左から「LLL Y W UUU MMMM」という風に5つの情報から構成されています。

L: ロケーション情報
Y: 製造年情報
W: 週番号情報
U: 個別番号情報
M: モデル名情報


Lが示すロケーション情報は工場とラインを表すようで最初の2桁が工場情報で、「C3: Foxconn (中国深セン)」、「C6: 工場、都市共に不明」、「C7: Pegatron (中国上海)」、「DN: Foxconn (中国成都)」、「F1: Foxconn (中国鄭州)」、「F2: Foxconn (中国鄭州)」、「F4: Pegatron (中国上海)」、「F7: Foxconn (中国内で都市不明)」、「FK: Foxconn (中国鄭州)」というような感じ。

Yが示す製造年情報は「P: 2015年上半期」、「Q: 2015年下半期」、「R: 2016年上半期」という風に読むらしいです。

Wが示す臭番号情報は「1: 第1週か第27週」、「2: 第2週か第28週」、「3: 第3週か第29週」~「9: 第9週か第35週」、「C: 第10週か第36週」、「D: 第11週か第37週」~「Y: 第27週か第53週」という感じで読みます。

Uは個別番号、Mはモデル名なのでiPhone 6sなら共通なのかな?。

で、私の端末はとりあえずリコール対象である可能性が高いのでアップルに連絡します。

が、私は先日記事にした通り、既に正規サービスプロバイダーでバッテリー交換済み。

そういう人には、

If you believe your iPhone 6s was affected by this issue, and you paid to replace your battery, you can contact Apple about a refund. (もしお前が自分のiPhone 6sがこの問題を抱えていたと信じて、既に金払ってバッテリー交換したんであれば返金してやるからAppleに連絡しなさい。)

とあります。

なので私は今回は返金狙いで。

檎:「アップルのxxxです。いかがなさいましたか?」

私:「6sのバッテリーリコールの件、私のは対象だと思うので調べてください。」

檎:「かしこまりました。少々お待ち下さい。」

~数分の保留後~

檎:「お待たせ。対象ですね。じゃあ交換方法をお知らせ…」

私:「いや、既に自費で交換済み。返金希望です。」

檎:「あー、それは私じゃ無理なので別部署に回します。」

~数分の保留後~

林:「お電話変わりました△△△です!返金をご希望とのことで?」

私:「ええ、そうなんです。」

林:「修理を証明する書類とか残ってる?」

私:「言われると思って用意しておいた。PDFでいい?」

林:「じゃあリモートサポートで共有させて!」

私:「はーい。」


リモートサポートってのは、アップルのスタッフと自分のパソコン画面を共有してやりとりするリモートアシスタントみたいなやつ。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

ちなみにスキャンしたPDFはこちら。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

書類送ったらとっとと共有終了。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

もちろん技術料と消費税も返金されるとのことで、4週間を目処に指定の口座に振り込まれるとのこと。

精神的苦痛と心斎橋まで行った時間や金はどうしてくれるんだと思いつつも、頑固なAppleが不具合を認めたってことで受け入れるとします。

ジーニアスバーの使えない一部のスタッフより私のようなユーザーの意見をもっと聞くべきでしょう。

ってな訳で発売初期にiPhone 6sを購入された方はリコール対象かもしれないので一度確認してみましょう。

私が返金成功したからって全員が成功するとは限らないので自己責任でね。

Appleは人によるサービスの質に非常にムラがあります。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 携帯電話・PHS/iPhone
[カテゴリ]: Gadgets
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2016/11/23 15:46:29] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

iPhone 6sのバッテリーが劣化して四苦八苦した話

ちょっと前からiPhone 6sの調子がすこぶる悪い。

症状はずばり、バッテリー劣化。

満タン充電して、何もせずに放置しておくと4時間ぐらいで残り30%表示とかになる鬱陶しいやつ。

で、そこからちょっとニュース見たりするとみるみる残量が減って、残り表示20%ぐらいになるといきなり画面が真っ暗になって電源落ち。

再電源投入を試みるも反応せずで充電ケーブル挿すと充電マーク点いて電源投入可能で、投入直後のバッテリー残量表示はやはり20%。

iOS 10が出る前から出てた症状なので、とある日に心斎橋のアップルストアに持って行きました。

この時はまだ1年の保証期間内だったのですが、別にごねるつもりはなく、有償でもいいからバッテリー交換してもらおうと思って行った訳です。

事前にバッテリー状態を観察できるアプリを入れてみたところ、劣化度が50%以上と出る時もあり、これは交換だろ~と余裕で乗り込みました。


Battery Life: Your Battery Doctor

Battery Life: Your Battery Doctor


開発元:Nga Nguyen

無料


posted with アプリーチ





私の場合、Apple Careには入っていないけど保証期間内です。

i7-20161113165952.jpg

20%以上の消耗であれば交換対象らしいので楽勝でしょう。

私:「すいませーん、予約してたE55です。」

檎:「はい、こちらへどーぞ!」

私:「赫々云々ってなわけでバッテリー交換して欲しい。」

檎:「うーん、ソフトウェア診断では問題無しと出ていますね。」

私:「いや、ソフトはそうでも実際使ってて問題があるんですけどその辺の考慮は?」

檎:「ソフトが問題ないと言っているので問題ありません。」

私:「あ、そう。じゃあ有償で良いからバッテリー交換して。」

檎:「20%以上劣化していないとの診断結果なので無理です。」

私:「は?タダでしろって言ってるんじゃなくて自腹でって言っても?」

檎:「故障ではないので無理です。」


なんだこいつ使えねー…。

心斎橋はダメだ。

次は地元の正規プロバイダーへ行ったんですけど、その頃にはもう一年保証は無くなっていた。

もうなんでもいいから交換してもらいたい一心で、これでダメならその辺の街の修理屋に持って行こうと思っていました。

iPhone 7は日本モデルはまたガラパゴス仕様で魅力無しだからダメなら香港モデル買うのもいいかなとか考えてたり。

で、結果はというとわずか15分であっさり交換してくれた。

条件としては、バッテリー交換して症状が改善しなくても自己責任という免責で。

「ソフトウェアが大丈夫っていう診断していてもご使用されていて不便があるからこちらにいらっしゃっているんでしょうし、なんとかお力になりたいと思ってやらせてもらっております。」

なんて素晴らしい台詞でしょう。

同様の症状を結構他のブログとかで見たんですけど、やっぱりジーニアスバーのスタッフ依存ということっぽくなんとも納得いかん結果。

初期化して復元せずにやってみろというお決まりの台詞しか言えないのに何がジーニアスなのか。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 携帯電話・PHS/iPhone
[カテゴリ]: Gadgets
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2016/11/20 19:00:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

マルコポーロクラブ カクテルパーティー2016の招待状が届いた

早いものであの楽しかったクリパから1年。

去年は某ダイヤマルコ様の同行者枠で参加させていただいたんでした。

ダイヤマルコになって、浮気しないで良い子にしていたらちゃんと中の人は見てくれていた!

今年はなんと我が家にも招待状が届きました。

IMG_6427.jpg

IMG_6428.jpg

何着て行こうかな~。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 地域情報/東京23区
[カテゴリ]: Airlines News
[タグ]: お出かけ・お買いもの 飛行機
[2016/10/27 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

Four Seasons Hotel Kyoto オープン初日に行ってみた

さよならジャンボの記事の前に時事ネタを挟みます。

本日華やかにオープンしたFour Seasons Hotel Kyoto。

一泊10万円ぐらいするらしく、当然自腹では泊まれないけどミーハーなので見学してきました。

レジデンスとホテルの二部構成からなるようで、まずはホテル正面エントランス。

Four Seasons Hotel Kyoto

竹が並ぶこの道がロビー入口に通じます。

Four Seasons Hotel Kyoto

KYOTOを前面に出したいのか、人力車も完備。

Four Seasons Hotel Kyoto

もっと人が多くてごった返しているのかと思いきや、疎らなロビー。

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

800年の歴史を誇る池がレストランから見えるので外国人は好きそう。

Four Seasons Hotel Kyoto

せっかくなのでロビーラウンジでケーキセットを。

Four Seasons Hotel Kyoto

しかしここのスタッフ、全然回っていません。

注文してからこのセットが出てくるまで約40分。

最初にオーダー取りに来てくれたのがソウルのFour Seasonsから今日のために一週間ヘルプに来たという韓国人のねーちゃん。

その後20分後くらいして、私より後に入ってきた客のテーブルに私が頼んだケーキとコーヒーが先にサーブされているのを発見してしまう。

そこで、日本人スタッフに「まだ~?」と聞くと「すぐ確認してまいります」と言ったきり二度と戻ってこない。

そこから更に15分待って、たまらずに別の外国人スタッフに再度「まだ~?」と聞くと「コリアンレディーのミステイクです!あと一分下さい!」と。

いやいや、人のせいにするとかフィリピン人かよ…。

それから更に5分後、やっとスリランカ人スタッフがケーキ持ってきてくれた。

「オープン初日なのでお許しくださいサー」とスリランカ人。

初日だからこそちゃんとシミュレーションしときなさいよ。

隣の席に座ってた日本人ねーちゃんなんかトマトジュースを40分以上待ってたぞ。

というか外国人スタッフがいるのはいいとして、日本人相手にガンガン英語で喋りかけるスタッフというのはどうなんでしょう。

私はたまたまなんとか英語で会話できるので大丈夫だったけど、京都のおばちゃん達は英語どころか京都弁しか話せないぞ。

どうせ日本人客は英語話せないだろうから面倒な客は英語話す外国人スタッフに対応させようってな方針じゃないことを期待します。

で、その後スリランカ人が庭園を散歩してみてくださいよ~、綺麗ですよ~って言うんで散歩してみます。

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

こっちはレジデンス。

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

Four Seasons Hotel Kyoto

目と鼻の先にHyattがあるけど値段的にはHayttの圧勝ですけど、どうなるんでしょうか。

京都にももっと外資系ホテルが進出してくれると嬉しいけど建物の高さ制限があるからどうしても一室あたりの値段が上がっちゃうのは仕方ないね。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 地域情報/京都
[カテゴリ]: Hotel Hotel [Japan]
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2016/10/15 23:41:49] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

Qantas First Lounge Sydney International Airport

朝7時半のフライトなのでこの時間にホテル出発です。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

朝5時なので当たり前ながら真っ暗。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

朝早くでもUberはウジャウジャいるので問題無しです。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

乗車時間30分弱であっさり到着。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

チェックインはガラガラです。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

ファストレーンを使えるらしいので、さほど混んでないけどこっちのExpress Pathへ向かいます。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

全然混んでなかったし結局一般レーンと合流するという謎運用でした。

免税エリアは朝5時半なのに盛況で、これは香港も見習ってほしいところです。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

で、朝ごはん食べにこちらのQantasのファーストクラスラウンジへ。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

エントランス。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

ストロークがえらく長い。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

50mぐらい歩いてエスカレーター上ってようやくメインエントランス。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

中はすんごい広い。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

Qantas First Lounge Sydney International Airport

オーストラリアは冬なのでWinter Breakfast Menuって書いてます。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

デイタイムに来てOZビーフ食べたかったけど仕方なく、朝食。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

QantasのA380にいつか乗ってみたいなー。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

ちょっと施設見学を。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

こちらのSpaは朝はやってませんでした。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

トイレアメニティはQantas専用に作られたASPARとのこと。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

うろちょろしてたらシャンパン見つけたけど朝お腹一杯だったので飲まず。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

JALもいました。

Qantas First Lounge Sydney International Airport

まあ明るくて広くて静かで快適なラウンジでしたが、ダイヤマルコ更新は出来ないのでもう来れることは無いでしょう。。。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/09/25 16:30:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

シドニーでの過ごし方 「The Starでカジノ」編

さて、オーストラリアと言ってもシドニーではそこら辺の木にコアラがぶら下がっていることもなければその辺をカンガルーが歩いている訳でもないので暇。

調べてみると、シドニーにはカジノがあるとのことで早速行ってみます。

Uberや電車で行っても良かったんですけど、いかんせん時間はたっぷりあるしってことでオペラハウスとハーバーブリッジの見学を兼ねてフェリーで行ってみます。

Pyrmont Bay (ピアモント ベイ)が最寄ワーフなのでF4から乗ります。

IMG_5882.jpg

機材はこんな感じの小っちゃいのです。

IMG_5880.jpg

ガラガラです。

DSC04674.jpg

出発~。

IMG_5886.jpg

良く見る構図。

IMG_5883.jpg

このアングルの写真は海からでしか撮れません。

IMG_5885.jpg

実は橋の下を見るが結構好きだったりします。

IMG_5890.jpg

IMG_5891.jpg

この橋、アーチの部分を歩くことが出来るんですけど、怖い、高い、疲れるってことで下から覗いて満足。

途中、よくわからない遊園地みたいなとこに停まり、家族連れは一斉に下船。

DSC04671.jpg

で、目的地に到着。

IMG_5895.jpg

IMG_5896.jpg

DSC04681.jpg

テクテクと5分くらい歩くとありました、The Star。

DSC04684.jpg

で、確かにカジノはあったんですが、シンガポールのマリーナベイサンズのそれと比べると全然ダメ。

平日の昼間ってこともあったんでしょうが、とにかく客が少なすぎてテーブルも少ない。

そして中華系が居たものの、圧倒的に規模が小さくて盛り上がりも全くない。

100AUDほどBlack Jackで瞬殺されて詰まらなさ過ぎて退場。

このThe Starってホテルなんですけどモールも併設されていてそこはマリーナベイサンズみたいなノリ。

フードコートにはこいつが。

IMG_5898.jpg

別に大して空腹でもなかったけどとりあえず炒飯食べときます。

IMG_5902.jpg

うまー。

帰りはぶらぶら歩いて帰ります。

DSC04685.jpg

DSC04686.jpg

パッと見派手な感じもするが、みんなのんびりしてて穏やか~な街です。

DSC04687.jpg



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/09/11 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

シドニーでの過ごし方 「Sydney Tower」編

その国、その都市のパワーを見せつける高層ビル、高層タワーが大好きな私、シドニーではやはりシドニータワーに登ります。

高層タワーに登ってみたシリーズはこちら。

マレーシアでの過ごし方 「ペトロナスツインタワー」編

マレーシアでの過ごし方 「KLタワー」編

台北での過ごし方 「台北101」編

ドバイでの過ごし方 「Burj Khalifa」編

ニューヨークでの過ごし方 「エンパイア・ステート・ビル」編


さて、シドニータワーの外観はこんな感じ。

Sydney Tower

地上はこんな感じでワイワイしてます。

Sydney Tower

事前予約とかそういうのを全く調べずに突撃するとオンラインで購入すると数ドル安いって言うんでその場でiPhoneでご購入してそのレシート画面を受付で見せてサクッとチケットゲット。

Sydney Tower

こういう所には必ずあるミニチュア。

Sydney Tower

そしてこれも必ずある、世界の高層タワーとの比較表。

Sydney Tower

日本語を書いてくれるのは嬉しいのだが、詰めが甘くて台湾みたいになってる。。。

Sydney Tower

と、ここでサプライズ。

展望エリアに行く前に、あまり必要性を感じられない謎のアトラクションを強制体験させられる。

ニューヨークのエンパイアステートビルでもあって、あの時はマジで吐きそうだった。

しかも今回は3Dメガネを装着させられるくせにドラえもんの専売特許、なぜか4Dシネマと言うではないか。

Sydney Tower

幸い、立ち見で、観客エリアも稼動しないタイプだったのでなんとか酔わずに終了。

Sydney Tower

では、エレベーターで展望階へ!

Sydney Tower

80kmの距離まで見渡せます。

地上から高度250mまで44秒。

Sydney Tower

ってことは時速20kmぐらい。

あれ?

あんまり速くなくない?

ちなみにちょっと前まで世界最速エレベーターを装備していた台北101のそれは時速60.6km。

で、実際の眺望はこんな感じ。

Sydney Tower

Sydney Tower

Sydney Tower

Sydney Tower

Sydney Tower

Sydney Tower

空港が見えるのわかりますか?

Sydney Tower

ちょっとズーム。

Sydney Tower

もっとズーム。

Sydney Tower

うーん。。。

なんか、インパクト無し。

ちなみに、50AUD課金することでタワーの外側を歩くことが出来るスカイウォークなる根性試しが出来ますが、結構並んでたのと怖いのでパス。

高さ250mのシドニータワーでした。

Sydney Tower



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/09/07 22:30:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

シドニーでの過ごし方 「シドニーでプリペイドSIMカードを買う」編

最近はめんどくさいので海外1dayパケばっかりだったんですけど、久しぶりのロングステイでしかもオーストラリアはSIMカードが安いって言うんで買ってみます。

シドニー。

IMG_5821.jpg

まずは外に出て一服。

IMG_5823.jpg

IMG_5822.jpg

で、いざ購入へ。

税関出たら何ヵ所かSIMカード売ってるところあったけど、一番有名なOptusってとこにしてみます。

IMG_5824.jpg

15分ぐらい並んでようやく私のターン。

店:「SIM?何日?」

私:「4日間!通話要らないからデータだけでいいです。」

店:「10AUD!」

私:「内容は?」

店:「500MB/日でLTE使えますー。」


あとは万国共通、パスポート預けてさくっとクレカでお買い上げ。

同行者の分も合わせて購入し、20AUD。

いやー、安い。

ポケットWi-Fiも考えたけどなるべく荷物減らしたいっていうのと充電問題があるのでやっぱりSIMフリーiPhoneが便利。

ポケモンやってても快適。

IMG_5922.jpg

さ、これでどこからでもUberを呼べる環境になったので早速Uber呼んでホテルに向かい、シドニーのホテルはアーリーチェックインに寛容かどうかを確認しに行きます。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/08/29 20:08:42] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

Mercedes me Tokyo HANEDA

用事を終えてシャングリ・ラで軽食を摂ります。

Mercedes me Tokyo HANEDA

ポイント使用で無料。

Mercedes me Tokyo HANEDA

Mercedes me Tokyo HANEDA

一枚目の写真に写ってるお姉さんはすごく気が利いて優しい方だったんですけど、その後にバトンタッチされたネーちゃんは態度悪すぎる。

お客さんの前で舌打ちしながら紅茶入れるのはダメでしょう~!

ケーキも食べようとしたけどお腹いっぱいになってしまったのでキャンセル。

さ、空港に戻って今回どうしても行きたかったここ。

Mercedes me Tokyo HANEDA

Mercedes me Tokyo HANEDA

いいねいいね!

世界で3店舗目、アジアではもちろん初めての店舗。

空港でメルセデス買えちゃいますよ。

この限定エッグタルトが人気らしいので買ってみます。

Mercedes me Tokyo HANEDA

Mercedes me Tokyo HANEDA

Mercedes me Tokyo HANEDA

いや~、メルセデス見ながらお茶できるっていいじゃないですか。

ガチで商談してた人もいたので本当にここで車買えます。

運営はシュテルン品川なのでもちろん安心の正規輸入車でっせ!



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 地域情報/東京23区
[カテゴリ]: Japan
[タグ]: お出かけ・お買いもの 空港・ラウンジ
[2016/08/03 21:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

Bose QuietComfort 20が投げ売られ中

こないだ買ったBose QuietComfort 20ですが、タイミング悪く純正Bluetooth版が9月に正式リリースされます。


Bose wireless headphones | QC headphones | Sport headphones

予約等は出来ませんがアマゾンには既に専用ページが登場しています。



それに伴ってだと思いますが私が買った現行版が大幅値下げで絶賛投げ売られ中です。



Amazonで買うとポイントが5%貰えて更にお得らしい。

純正Bluetooth版の製品名はQuietControl 30となり現行版のComfortからControlへと若干異なっていまして、詳細は不明ですが現行版と比較して気になる点はこんな感じ。

【新型の特徴】
 ・接続が無線
 ・無線だからコントロールユニットがぶらぶらしないのは素晴らしい
 ・専用スマホアプリで詳細コントロールが可能になるらしい
 ・充電はmicroUSBらしいがネックストラップ部に突き刺す形になる
 ・なので充電中の使用は可能でも首輪された犬状態で不細工
 ・Bluetoothオンリーの接続っぽいので電池切れたらただのゴミ
 ・Bluetoothのみってことは飛行機の映画をこれで聞けない

【現行の特徴】
 ・接続は有線
 ・コントロールユニットが邪魔
 ・充電しながら使用可能
 ・電池切れてもただのイヤホンとして使用可能
 ・だから変換君さえあれば飛行機でも使用可能


こうしてみると私の使い方では現行版の方が合っているっぽい。

きっとここを見てくれている人も飛行機乗る機会が多い人っぽそうなので現行版の方が合っているかもしれません。

という訳で決して安くはないけど思い切って買ってみませんか?

もう普通のイヤホンには戻れなくなりますよ。

現行版でもBluetoothにしたい!って人はこれを買いましょう。



するとこんな感じでBluetooth化完成です。

Bose QuietComfort 20



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 携帯電話・PHS/iPhone
[カテゴリ]: Gadgets
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2016/07/16 13:00:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

シンガポールでの過ごし方 「Lucky Chicken Rice」編

オーチャードにもラッキープラザにも何回も行っているのに実は初めて行くラッキーチキンライス。

ラッキーチキンライス行かないのに何しにラッキープラザ行ってんのよ?って話ですけど色々あるんですよ。

電車の方が安いのは分かってるけど駅まで行くのが面倒過ぎてUber。

IMG_5629.jpg

ナイスなシンガポール人大学生だったけどオーチャードっていう場所のせいで高い。

場所は何度も来て知っているので最短経路で到着。

IMG_5512.jpg

スチームって言ったはずだけどローストっぽいのが出てきたけどロースト意外と美味い。

IMG_5511.jpg

4.50SGD。

伝票なぞ無く、食べ終わって財布出す仕草をすると椅子に座ってる店主っぽいオッサンが嫁はんに「おい、支払いやぞ!」って言っておばはんが集金に来てくれる仕組み。

オーチャードっていう位置が面倒なんですけどそれ以外は完璧!



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/06/30 23:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

2016/06/xx CX409(TPE-HKG) トラブル発生のA35G(A350-900)搭乗記

さてちゃちゃっと出国してリニューアル後初の台北ラウンジ。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

外観は他国のラウンジと同じ。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

奥にすごく広い!

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

既にお腹一杯だったのでパイナップルケーキだけ頂く。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

ちゃっちゃとご搭乗。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

満を持してキャセイA350-900初号機に乗り込む!

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

日本初レポートかな?

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

新シート。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

ヘッドフォン入れはさほど変わらないもののUSB端子と電源は内部収納に変わりました。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

そして刷新されたリモコン。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

画面も新しい。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

GUIも一新されたものの、コンテンツは現行のものと同じです。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

トイレも綺麗。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

便器に向かうと正面に窓。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

駐機中は外から見えちゃう可能性があります…。

再びシート周りですが、新シートはここに小物入れができて、尚且つオットマンのように使えるので離陸時にも足を置くことができるので現行デザインの唯一とも言える欠点をカバー。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

更にこちらも隙間を埋めるためにニョキっと出てきます。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

ベルトサイン等もLEDになってくっきり見やすくなった。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

離陸に備えます。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

キャプテンのアナウンスも「この便はCX409、キャセイ初のA350のフライトだぜ!」と気合い入ってて乗客を煽ります。

が、いつまで経ってもプッシュバックせずに金服がどんどんシャンパン持ってきて既にかなり酔ってしまう。

そしてキャプテンからさっきとはうって変わって悲しいアナウンス。

キ:「え~、、、キャプテンです。付くはずの無い警告灯が点いて消えません。多分大丈夫だけど新車なのでリスクは冒せないので点検します。」

おぉ…。

既に香港から出発したジャンボに数人のエンジニアを載せて到着を待っているとも言っていた…。

キ:「え~、、、キャプテンです。解決しない場合はみんなそのジャンボに乗り換えて香港に行ってもらいます。。。」

おぉ…。

先月機内で遭遇した男性クルーを見つけて話しかけてみると、なんとA350担当エキスパートなので常にA350に張り付き乗務しているとおっしゃってた。

その男性曰く、「初フライトから順調に飛んでいたんですけどこんなトラブルは初めてです。せっかくのお誕生日なのにすみません…。」

いやいや、急いでないしむしろラッキーです。

暇なので装備を研究。

まず、A350-900から初搭載の機内Wi-Fi。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

PAが入るとちゃんと画面が切り替わる。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

ここで再度キャプテン。

キ:「え~、、、キャプテンです。一回電源落として再起動したら直るかもしれないのでシステム落とします。。。」

ってことで真っ暗。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

この奥にいるのがジャンボ。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

で、後発のCX451があっさり出発で今日二回目のジャンボお目見え。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

システム復旧中。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

またキャプテン。

キ:「え~、、、キャプテンです。一回電源落としたけど警告灯が消えません。乗り換えてもらいます。。。」

なんかもう色んなクルーが「お客さんは乗り換えられるけど私たちは台北から帰れない!」って嘆いてた。

後で聞いたけどこの日のクルーはほとんどスタンバイだったらしい…。

乗り換えるって言ってたけどまだエンジニア達が頑張っているとのことでとりあえず飛ばないのにミールステージがスタート。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

既に3時間遅れ。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

なんかもう自由時間って感じ。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

Wi-Fiは高いです。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

そんなこんなをしていたら遂にキャプテン。

キ:「キャプテンです!Finally we fixed!!」

おぉ~!!

そんな訳で22時30分、3時間遅れでようやくプッシュバックでちゃちゃっと離陸。

んー、エンジン静かなのかな。

Boseでノイズキャンセリングしてたから気付かなかった。

乗り継ぎ案内も一新!

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

で、フライトマップがGoogle Earthベースなのかわからんけどなかなかメカメカしてて楽しい。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

機内Wi-Fiのアンケートがあって、それもエンタメから入力します。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

ゲートはナイスな1番ってことでWingで風呂入ることにします。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

降機したら当然ながら乗り継ぎ客の対応のために臨時スペース。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)

最後にクルー達から「お誕生日なのにすみませんでした~」ってことでこれを貰った。

2016/06/xx CX409(TPE-HKG)

ラッキー♪♪

別の日に撮ったけど、A350-900搭乗記でした。

2016/06/xx CX407(TPE-HKG)



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/06/22 22:22:22] | Trackback(0) | Comment(14) | [Article Edit]

Bose QuietComfort 20を購入して無線化した

久しぶりのガジェットネタ。

このQuietComfort 20、かれこれ3年以上欲しかったイヤホンだったんですよ。

色々なイヤホンを試してみたけど4/30まで大幅値引きキャンペーンだったので遂に清水の舞台から飛び降りる思いで購入してみた。

Bose QuietComfort 20

BoseはAppleと同じで値引きには物凄くシビアで、ネットを含め、量販店でも一切の値引きは無し。

だからアマゾンでもヤマダ電機でもどこで買っても同じ値段です。



iPhone用とAndroid用があるから注意してください。

私はiPhoneでしか使わないのでiPhone用を購入しましたが、試しにAndroidに挿して使ってみると再生・停止ボタンは使用可能ですけどボリュームボタンは全く使用できませんのでくれぐれもご注意を。

で、このノイズキャンセルの具合はもう何度も色んな店頭で試したことあるから知ってたけど、実際に飛行機で使うともうやめられないとまらない。

しかしながらこの素晴らしさを実現するためのコントロールユニットがブランブランして邪魔過ぎて非常に困る。

Bose QuietComfort 20

ならばBluetoothで飛ばせば良いやん(飛行機では使えないけど)ってことでBluetoothレシーバーを探してみたところ、意外にもElecomがコスパ最強のものを販売していることに気付く。

  • 200mWヘッドホンアンプ搭載

  • 連続再生18時間

  • aptX/AACコーデック対応

  • アンプ内蔵かつこの連続再生時間で実売4,000円程度。



    これで無線化完了。

    Bose QuietComfort 20

    何の問題も無く超快適ですが、一つ欠点があるとすればBoseに付いてるリモコン、マイクでは操作できなくてBluetoothレシーバー側での操作がマストとなる点。

    でもボリューム、再生・停止、早送り、巻き戻し、更にはHoldボタンも付いているのでまあ問題無いレベルです。

    これで一気にmicroUSB充電ガジェットが二個増えてしまったけどこの充電器持ってるので余裕です。



    ちなみに飛行機で使うには場合によってはこの変換君を使う必要があるんでついでに購入しておきましょう。



    安いですが全然問題なく使えますよ。

    よく失くすので予備があると安心できます。


    さ、これだけ全部揃えると…、



    2016年5月6日現在のAmazon.co.jp価格で約4.5万円。

    高いと取るか安いと取るかはあなた次第!



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [ジャンル/テーマ]: 携帯電話・PHS/iPhone
    [カテゴリ]: Gadgets
    [タグ]: お出かけ・お買いもの
    [2016/05/06 21:54:22] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    ヒルトン名古屋に泊まった時に10,000円分のお食事券を貰ったので、いつだったか、大阪ヒルトンで使ってきた。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    最上階のWindows On The Wolrdってとこです。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    お料理スタート。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    いい感じに日没。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    これ、パンプキンパスタだかだったんですけど美味しかった。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    豚肉だったかな、これはちょっとクセのある風味で個人的にはいまいちだった。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    デザートは濃厚チョコ。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    コーヒーで締め。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    帰りにらーめんフェスタみたいなのやってて食べたかったけど意外に満腹だったので諦めて帰りました。

    Hilton Osaka Hotel 「WINDOWS ON THE WORLD」

    貧乏性というかバカ舌なのでこういうお上品なホテルのレストランは個人的にはあんまり肌に合わないな。

    だってMoetのグラスが2,000円ぐらいするんだもん。

    帰りにドンキホーテ寄ったらハーフサイズMoetがフル750mlMoetより高くて750mlは2.980円ぐらいだったよ。

    それにMoetは香港で無料で飲めちゃうしな…。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [ジャンル/テーマ]: 地域情報/大阪
    [カテゴリ]: Hotel Hotel [Japan]
    [タグ]: お出かけ・お買いもの Hilton
    [2016/04/12 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

    ニューヨークでの過ごし方 「アメリカでSIMカードを買ってみる」編

    私のiPhone 6s、前回はなぜかニューヨークでローミングが出来ない状態で、ニューヨークから帰国したその足でドコモショップに駆け込んで事情を話してとりあえずSIMカードを交換してもらったんです。

    で、結果から言うと今回も着陸後に機内モードをオフにしてみても一向に電波を拾えず、圏外。

    フィリピンのGlobeのSIMを挿しているとT-mobileの電波をビンビンに拾うけどドコモのSIMはダメ。

    以前使った海外1dayパケを使いたかったのに…。

    フィリピンSIMで国際ローミングなんてしたくないので今回は高いとわかっていながらも現地のSIMカードを買ってみます。

    無人君(自動販売機)でも売ってるけどなんかよくわからなくて不安だったので有人で。

    IMG_4872.jpg

    狭いターミナル7にはこれしか有人コーナーは無いので一択になりまして、料金はこんな感じで高い!

    IMG_4870.jpg

    IMG_4871.jpg

    説明聞いても超早口英語であんまり理解できなかったけど、とりあえず一番安い$50のやつはNot Availableとか言われた。。。

    というわけでとりあえずその次に安い$65で。

    Ultra.meとかいう訳わからんキャリアになったけど、どうやらT-mobileのMVNOらしい。

    IMG_4893.jpg

    料金は$65に税金で合計$70.77。

    たっかー…。

    で、それはさておき、SIMカードを交換したのに電波を拾えないってことはiPhone本体が壊れてるんじゃないの?と思って今回もAppleストアに散歩がてら突撃してみたところ、解決したかもしれないので備忘録。

    私の携帯はドコモのSIMとSIMロック解除済みのドコモ版iPhone 6s (iPhone 6も持ってるけど同じ症状)。

    香港経由の私は香港でもドコモSIMを挿したままローミングで使ってる。

    その後機内モードに設定してそのままニューヨーク到着後に機内モードをオフにするとどこの電波も拾えずにずっと圏外(自動、手動探索両方ダメ)。

    で、Appleストアのにーちゃん曰く、アメリカはGSMベースでW-CDMAではないから端末本体がGSMを拾うモードに上手く切り替わっていない可能性があるらしい。

    これは端末というよりは挿しているSIMに依存するところがあるらしい。

    というわけでモバイルデータ通信の「音声通話およびデータ」をLTEからOFFに切り替えて、しばらくしたらキャッシュクリアをするとドコモSIMでもT-mobile, AT&Tをビンビンに拾うようになった。

    再起動後に一瞬だけ電波拾ってその後圏外になっていた私のこの症状はこれで解決。

    ちなみにキャッシュクリアのやり方は、電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」画面になったらスライドせずにホームボタンを画面が切り替わるまで長押しするだけ。

    これで全てのキャッシュがクリアされるので再起動をする必要はないそうです。

    ドコモSIM使ってる人が全てこの問題に遭遇するわけではなさそうなので役に立つ情報ではないかもしれないけど、自分用のメモってことで。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [2016/04/02 22:45:50] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

    旅行中のガジェット充電環境

    ネタが無いので旅行アイテムでも紹介。

    私、海外に行くときは基本的にスマホを合計3台持っていきます。

    日本SIM用のiPhone6sと現地SIM用のiPhone6と目覚まし用のGalaxy S4。

    これにデジカメとパワーバンクとGPSロガー。

    全てUSB充電式で同時に一気に充電できないのでずっと困っていてUSB充電器を複数持って行ってたんですけど、それでも出力電流が足りずに急速充電は出来なかった。

    パワーバンク使い切ってホテル帰ってきて、またすぐ外出って時にはとにかく大電流出力可能な代物が必要な訳で、以前インターコンチネンタル香港の部屋に装備されていたものが素晴らしすぎて買おうと思ったのですがどこぞやのメーカーとインターコンチネンタルのダブルネームでなんかえらく高かったので断念したんです。

    で、アマゾンで探してたら同じのがあって超人気だったのでこいつを購入した訳です。

    IMG_4675.jpg

    中国はAnker製ですー。

    安物にありがちなモスキート音もしないし、もう感動モノの充電能力で愛用中。

    プラグ一体式のやつは飛行機の電源ソケットにうまく挿さらずに気が付けば落ちてた、なんてことがありますがこれはメガネケーブル式なのでその心配も無いし、サイズも思っている以上に小さい。

    IMG_4679.jpg

    メガネケーブルは割と長めのが付属で付いてくるけど、それすら邪魔だったらノートパソコンのアダプタのやつと併用すれば良いんじゃないかな。

    万が一紛失しても世界中どこでもメガネケーブルは売ってるしね。

    私のようなガジェットオタクには必須なアイテムです。





    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [ジャンル/テーマ]: 携帯電話・PHS/便利物グッズ&小物類
    [カテゴリ]: Gadgets
    [タグ]: お出かけ・お買いもの
    [2016/03/01 22:29:51] | Trackback(0) | Comment(6) | [Article Edit]

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX) エコ

    この乗り継ぎは理想的で、マニラから着いてそのままゲートに向かうともうボーディング開始という素晴らしい接続。

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX)

    ガラッガラのフライトでお席はアホ丸出しの39A。

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX)

    このフライトも当然オンラインチェックインできてなかったのになぜかSEC1。

    ちなみにこれを書いている今現在でも相変わらずマルコにログインできない状態で予約を取れない。

    フライトの安全性や信頼性は確かですけど、ウェブサイトのクオリティとそのサポートははっきり言ってかなり酷いぞキャセイパシフィック。

    なのに公式ページ上にはなんのアナウンスも記載しないし、香港マルコにこの件で電話しても定番の「キャッシュ消してみて。ブラウザ変えてみて。それでもダメならブラウザの種類とエラー画面のスクリーンショット送って。」という教科書通りの対応でやる気無し。

    なんでこんな中途半端な時期にサイトアップデート試みたのかっていうのと、ちゃんとバーチャルサーバーかなんかで動作確認してからリリースしろよと言いたい。

    確か以前来たInsightのアンケートにWebシステムに関するアンケートがあって、その時酷評した記憶があるけどちっとも改善していないのはホントにダメ。

    ワンワールドの中で最もイケてないIT部門なんじゃないだろうか。。。

    BAなんかはすごい使いやすいしフライトの検索もしやすいのにキャセイはダメ不便すぎてダメだ。

    気を取り直してフライト編。

    今のところ隣はいない。

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX)

    と思ってたらうるさい香港人二人組がやってきてがっかり。

    こういうガラガラフライトは前方じゃなくて後方に座るべきだってことをようやく理解しました。

    オリエントタイのジャンボ。

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX)

    給食はコンジーを選択。

    2016/02/xx CX596(HKG-KIX)

    往路で寝てしまって見逃した007の続きを観てたらすぐに関空到着。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [2016/02/29 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

    マニラでの過ごし方 「瀬里奈」編

    マニラでたまたま時間が合ったのでNemoPと北京以来のランチをすることに。

    Googleマップ片手にNemoPお迎えに行ってマカティはリトル東京へ。

    IMG_4576.jpg

    お店到着も、すんごい行列。

    IMG_4578.jpg

    外国ではなるべく生もの食べないようにしてるけど海鮮御膳がおすすめって言うんでこれ。

    IMG_4580.jpg

    ウニは色が薄いからフィリピン産だな。

    でも美味しかった。

    瀬里奈





    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [2016/02/21 22:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

    St. Regis Hotel Osakaで午後ティー

    いつだったか、同級生のウルトラ夫妻が大阪に来るんでたこ焼き食いに行こうぜ!ってことになったので行ってきた。

    ウルトラ嫁:「E55さんと会う時ってシンガポール、東京、大阪と毎回場所が違いますよね。」

    飛行機ヲタクの嫁になることを選んだ彼女、飲み会のために平気で弾丸海外旅行に行っちゃう変な趣味を持つ旦那に嫌な顔一つしない良い奥さんです。

    一軒目はウルトラ一押しのわなか。

    IMG_4023.jpg

    IMG_4021.jpg

    IMG_4019.jpg

    二軒目は我々関西人が「とりあえずここ行っとけば間違いない」と必ず他府県民を連れて行く甲賀流。

    IMG_4024.jpg

    この写真、ウルトラ嫁撮影なんですが、ちゃんと店を入れて撮ってるところを見るとなかなかわかってらっしゃる。

    IMG_4037.jpg

    関西人はお好み焼きはもちろん、たこ焼きをおかずにして白飯食べるんやで。

    その後、St. Regisに場所を変え、午後ティーをしばきます。

    IMG_4026.jpg

    IMG_4038.jpg

    IMG_4031.jpg

    イチゴうまー。

    IMG_4032.jpg

    喫煙エリアになっている日本庭園。

    IMG_4033.jpg

    IMG_4034.jpg

    IMG_4035.jpg

    14時からマジモンの午後ティータイムとなり、予約取るのが困難なんですが、それまでの時間帯は実は狙い目で、ご覧のとおり貸し切ることも可能。

    IMG_4042.jpg

    SPG会員だと更に良い事があるかもしれません。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [ジャンル/テーマ]: 地域情報/大阪
    [カテゴリ]: Japan
    [タグ]: お出かけ・お買いもの spg
    [2016/01/30 21:05:34] | Trackback(0) | Comment(4) | [Article Edit]

    中国での過ごし方 「Da Dong 大董」編

    夜ごはんもるーとさん一押しの北京ダックです。

    IMG_4346_iphone.jpg

    DSC04634.jpg

    DSC04635.jpg

    メニューはどうせ読めないのでるーとさんと北京語担当のTeppeiさんにお任せ。

    で、いきなり北京ダック。

    DSC04637.jpg

    DSC04639.jpg

    DSC04640.jpg

    DSC04642.jpg

    DSC04643.jpg

    松ぼっくりスープとか言うから何かと思ったら大量の松茸のお吸い物。

    DSC04644.jpg

    DSC04645.jpg

    IMG_4339_iphone.jpg

    これ美味しかった黒ゴマ。

    IMG_4342_iphone.jpg

    みかんの下からはスモークがもくもく。

    DSC04646.jpg

    IMG_4343_iphone.jpg

    IMG_4344_iphone.jpg

    なんかどことなくチャラい。

    IMG_4345_iphone.jpg

    食べ終わって徒歩にて帰宅中に林檎ストアを発見。

    IMG_4347_iphone.jpg

    これだけ見れば中国とは思えないオシャレ感。

    横断歩道を現地人に付いて行ってたら道路のど真ん中で停止。。。

    IMG_4348_iphone.jpg

    IMG_4349_iphone.jpg

    いやー、中国とは思えないぐらい都会だけど首都だし当たり前?。

    IMG_4350_iphone.jpg

    IMG_4351_iphone.jpg

    実質一日の北京滞在、北京ダックしか食べなかったな。

    でも本場のは本当に美味しかった!

    るーとさん、素敵なお店をありがとうございました。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [2016/01/28 21:30:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

    中国での過ごし方 「万里の長城 慕田峪長城」編

    死ぬまでに一度は行ってみたかった万里の長城に遂に行くのですが、日本を発つ前から不安だったのはこいつ。

    IMG_4288_iphone.jpg

    ホテルから70kmぐらいある道のりをこんな車で行くっていうんだからもう不安で不安で仕方ない。

    マニラでは10kmの道のりでも車酔いしてしまうこの私がこんな車で山道をひた走るなんて想像もできないし、本当にホテルでお留守番してようかとも思ったけど一生に一度でいいから行ってみたかったので意を決して乗り込みます。

    車内で携帯いじったら酔うので道中の写真は無し。

    幸い、ドライバーの運転が非常に上手かったのでシフトチェンジのショックもなく、だだっ広い中国の高速道路をひた走り、山道と言っても片側1車線は余裕の道路状況で「なんだ、余裕じゃんか!」と1時間半ほどで到着。

    IMG_4311_iphone.jpg

    IMG_4316_iphone.jpg

    なんか想像してた風景とは異なり、吉野家にバーガーキング…。

    DSC04594.jpg

    DSC04598.jpg

    DSC04595.jpg

    なんとここから利権の関係でバスに乗せ換えられ、聞いてないよ~のダチョウ倶楽部状態で第二ラウンド。

    IMG_4295_iphone.jpg

    たった5分の乗車でした…。

    IMG_4355_iphone.jpg

    ひたすら坂道を上る。

    IMG_4297_iphone.jpg

    IMG_4299_iphone.jpg

    DSC04600.jpg

    こっから更にロープウェイで山頂へ。。。

    IMG_4292_iphone.jpg

    DSC04631.jpg

    DSC04599.jpg

    デブが乗ってるのか、右側が傾いてる。

    IMG_4300_iphone.jpg

    ひゃ~、怖い!

    DSC04602.jpg

    DSC04605.jpg

    ロープウェイを降りる。

    DSC04630.jpg

    で、ドーン!

    IMG_4307_iphone.jpg

    DSC04609.jpg

    DSC04611.jpg

    DSC04607.jpg

    マジで貸切状態。

    DSC04613.jpg

    DSC04625.jpg

    DSC04629.jpg

    いやー、最初は八達嶺の方にばかり行くと思ってたらエビちゃんが「あー、なんか違う方に運転手が向かってますね~。でもまあ大丈夫でしょう。」とか言うから予定通りに物事が進まないと不安になる私は超焦ったんですが、結果的には車酔いも全くせず大満足でした。

    ここ、最近できたスポットらしいんですが大丈夫ですかね。

    バブル弾けかけの中国経済状況下でこんな立派な施設作っちゃって、案の定何軒かの土産物屋は既に閉店してゴーストタウン化してましたけど…。

    超有名なのが八達嶺のほうで、今回のところは慕田峪長城ってところ。

    私はもちろん今回が初めてなので違いはわからんがどっから見たって同じようなもんだろうから人が少ない方が良いに決まってます。


    帰り道のとある崖。

    IMG_4327_iphone.jpg

    こんな感じに滝が凍るぐらいの気候だったのでたまたま空いてたのかな?

    この近くの路上で唐突にいちごの路上販売しててみんなが買え買え行ってたけど怖くて買えませんよあんなの。。。



    少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
    関連記事 Related Articles
    [2016/01/27 22:34:06] | Trackback(0) | Comment(4) | [Article Edit]








    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。