スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
[ジャンル/テーマ]: /
[カテゴリ]: スポンサー広告
[タグ]: 未指定
[--/--/-- --:--:--] | トラックバック(-) | コメント(-) | [Article Edit]

自己紹介 Part. 2

最初なのでばんばん投稿します。

簡単に自己紹介を。

私はとある企業に勤めるどこにでもいる極々普通のサラリーマンです。

数年前の初海外出張を機に、現在は出張で年の半分近くを海外で過ごしています。

メインはフィリピン(マニラ)で、出張回数を重ねていくうちにマイレージプログラムなる制度に魅力を感じ、いまやすっかりプライベートでも飛行機に乗って色んな国に旅行をしています。

プライベートでは台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポールなどのアジア諸国。時々ドバイに行きます。


旅行と言っても、「グルメ」や「観光名所」にはあまり興味はなく、良い(高い)ホテルに泊まり、あてもなくホテルのプールで持ち込んだタブレットやスマホで次の訪問国について調べる。

食事は場合によっては持ち込んだカップラーメンで済ます。

と、いうような普通の人なら「そんなので楽しいの?」、「もったいなくね?」等と言われますが、ホテルにはいろんな国籍の人がいるので、その人たちと色々話すほうが私には楽しくてたまらない。


話しは変わるけど飛行機に乗り始めて感じたことは「世の中なんだかんだ言っても金持ちが優遇される」という事実。

綺麗ごとではないことは飛行機のファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスが一番いい例でしょう。


超高いチケットを買ったファーストクラスのお客様はチェックイン時に専用カウンターで行列知らずでサクッと手続き完了。

搭乗までは豪華な専用ラウンジでくつろぎ、搭乗開始時には行列知らずで搭乗でき、機内ではFAから至れり尽くせりのサービス。

着陸後は真っ先に降機でき、イミグレはこれまた専用レーンにて行列知らず。

預け入れした荷物は真っ先に出てき、いち早く税関をパスして目的地へ着けます。


そこそこ高いチケットを買ったビジネスクラスのお客様はファーストクラスには敵わないものの、やはりかなりの優遇があります。


安いチケットを買ったエコノミークラスのお客様は全て後回し。

機内では人としてではなく、物として扱われます(オーバーですがイメージです)。

窓側や真ん中の席に座ろうものならトイレにさえ自分のタイミングで行くことを躊躇させられる状況です。

お陰様でビジネスクラスにはよく搭乗していますが、周りの人から羨まれるシチュエーションにいるときにこそ驕らず謙虚に行動してこそ一人前だと思っているので、いつもそのように努めています。


海外滞在時のホテルも私からすれば同じで、いいホテルに泊まっているのに朝早くホテルを出発して観光名所を足が棒になるまでめぐり尽くして、食事もるるぶや地球の歩き方に載っているところで済まし、結局ホテルの役割は朝食と寝るだけ。

「君たちこそそんなので楽しいのか?」と質問をしたくなります。


いいホテルに泊まるということは、その設備を全て満喫する権利を買うという事。

プール、クラブラウンジ、ジム、レストラン、スパ。

わざわざ街に出なくたって最高級の設備が全て同じ建物内に完備されている。

もちろん時には外出して観光名所にも行きますが、「いいもの=高い」のです。


やはりいいものに囲まれた生活をしたいでしょ。

そうすれば自分だって多少はそれらに見合うような人間に近づけるはず。

その際にはくどいですが、「驕り」は厳禁です。

これをやっちゃうと某大陸人や一部の国の成金と同じです。


でもやはり私も人間なので、人様から羨望の眼差しで見られることは嫌いではありません。

人に媚びることは大嫌いですが、多少の背伸びをしつつも人様に羨んでもらえるような生活、言動を行える人間を目指しています。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 海外情報/
[カテゴリ]: Uncategorized
[タグ]: 未指定
[2014/02/02 21:33:53] | Trackback(0) | Comment(0) | [Article Edit]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する Visible only to author

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://e55e55.blog.fc2.com/tb.php/3-99707849










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。