FC2ブログ







2013/10/31 MH073/CX1727(HKG-KUL) A380に初搭乗のはずがシップチェンジでとんでもフライト

実は朝の関空についた時点で既にこの便はDelayが生じておりました。

20131031090103.jpg


「まあ世界最大のジャンボ旅客機、A380なら点検とかに時間かかるかもしれないし仕方ないな~。」とプラス思考で考えており、ラウンジでシャワーまで浴びてたっぷり休憩した後、ゲートに参ります。

20131031151415.jpg

せっかくのジャンボなので、アッパーデッキに座席変更とかできないかとゲートの兄ちゃんに尋ねてみる。


私:「席、アッパーに替えてもらうことって可能ですかー?」

兄:「ノーサー。」


ああ、やっぱり満席だったり、MH072としてではなく、マルコポーロクラブメンバーでCX1727として購入したチケットだからだめなのかなー、と思っていると。


兄:「Because A380 was changed to A330.」


とマレーシアン兄ちゃんが申します。


一瞬何が起きたのかよくわからずに、


私:「Oh I see...」


と返すのが精一杯。


しかもボーディング時間が更に一時間遅れ、16:45発になるとの泣きっ面に蜂情報まで頂きます。

後発のCX729に先を越される始末で、すっかりローテンションに。


遅れて重役出勤かましてきたのはオンボロのこいつでした。

20131031150817.jpg


ラウンジに戻る気力もなく、ゲート前の椅子で待っていると、時間が経つ度にどんどん不安になります。

そう、A380は世界最大のジャンボで約500人を搭載可能。

一方のA330はB777よりも小さく、A380の約半分、280名程度しか搭載できません。

私のオリジナルの座席は57Aです。


A380のシートマップを見てみると、もちろんですが57Aは存在します。

A380.jpg


ところがA330のシートマップを見てみると、57Aは当然存在せず、44番までのレイアウトです。

A330.jpg


ゲートの兄ちゃんは私のチケットを見て座席番号を知っているはずですが、変更等のお知らせはありません。

いつもキャセイなら「搭乗後にキャビンで調整だわ」と余裕ですが、今回はアウェイ線。

不安で心が折れそうになりつつも搭乗時間になったのでワンワールドサファイア権限で優先搭乗します。


パーサーみたいな偉そうなオババにチケットを見せ、必死にアピールします。


私:「シップチェンジでしょう?57A無いですよね?」

婆:「ん?ちょっと見せて。」

婆:「んんんんんん…。ちょっと待ってて。」



他の乗客がどんどん搭乗してくるなか、ギャレーで立たされたままの私。

5分待ってもババアは戻ってこない。

7分後ぐらいにようやく戻ってきて、


婆:「新しい席はここだ。」


とエコノミー最前列、バルクヘッドシートの11Cを私のチケットに手書きで書き込みます。


「まぁ一応バルクだし良しとするか…。」と座ると、エンタメは故障中。


苦痛のフライトの始まりです。


気を取り直して機内食のお時間ですが、ここでも問題が発生。

配膳係の爺がこれまたイケてない。


爺:「チキンかフィッシュか。」

私:「チキンよろしく。」

爺:「オッケー。」



で、こちら。

20131031172317.jpg


隣の11Aのおっさんもこのアルミ箔で私より先に開けていたので覗いてみると、中身はフィッシュ。


私:「ボス! これチキンじゃねーぞ!」

爺:「ん? なんだよお前チキンかよ(チッ)。」



交換後はこちら。

20131031172543.jpg


中身。

20131031172738.jpg


まっずー。。。

タピオカみたいなゼリーも残します。


「落ち着け、KULに到着すればシャングリ・ラが待っている。。。」と自分を慰めながら必死に耐えたフライトでした。


絶対リベンジしてやる!

機材変更は仕方ないので怒るつもりはありませんが、その後のサービスというか対応がなっていないぞMH!

私は機内食ごときで怒る人間ではないが、いかんせんこのフライトはサービスが悪すぎた!

今度は最初からビジネスクラス買って乗ってやるから覚えてろ!



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2014/02/18 22:36:59] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

ああ、無常・・・・無情

最初の拍手は、私めがさせていただきました。

最初のゲートの兄ちゃんはE55さんのチケットを確認している筈ですから、座席番号も確認していれば該当シップにその座席がないことまで分かるかとも思いますが、流石MH。

オババがパーサーというのもいただけませんが、席を確認しバルク席をあてがってくれたのでまだ良しとして、その後の配膳担当の爺はいただけませんね。自らチキンかフィッシュかを問い確認しておいて自ら間違ったのに、ソレを指摘されて舌打ちするとは。

自らすぐに非を認めて謝る文化は日本人に特有でしょうか。欧米では、何かと言い訳や理由をつけすぐには謝らない傾向があります。独逸や仏蘭西へ行った際も、TGVなどの運休や遅延について指摘や質問をしても、俺は悪くない、理由は知らない、ということだけでした。淡々としてましたわ。この辺りは政治的な場面でも日本が後れをとったりすることにもつながるのでしょうか。
[ 2014/02/21 08:15 ] [ 編集 ]

Re: ああ、無常・・・・無情

>> nothernhawk さん
機材変更で忙しかったんだし仕方ないかな、とプラス思考で考えていたのですが、まあたった一度の搭乗ではMHの実力はまだわかりませんよねー。

機内食で怒ることは滅多にないのですが、この時は大人げなく物申してしまいました。
これではJGCの上品なオジサマと同じなので、反省して次からは言い方を考えます…。

海外に行くと、良い意味でも悪い意味でも「日本人の特徴」を再認識させられますよね。
菊紋章のパスポートを所有させてもらっているのに恥じないような驕りない振る舞いをしていこうと思います。
[ 2014/02/21 10:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する Visible only to author

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://e55e55.blog.fc2.com/tb.php/31-59c98f45