fc2ブログ







燃えないはずのダイソンのファンヒーターが火を噴いた

実はクロネコのおっちゃんはiPhoneと一緒にもう一つ持ってきてました。

昨年のベストガジェット賞、ダイソンのファンヒーター、AM09の交換機です。

ある日快調に使用しているといきなり「パチッ!」という音と共に「プスン…」とダイソンの電源がOFFに。

一瞬何が起こったかわからなかったのですが、とりあえず電源を抜くとこんな感じ。

201501xx173037.jpg

即ダイソンお客様センターにTEL。

ダ:「はい、ダイソンでございます。」

私:「すみません、AM09のコンセントが焦げて電源が落ちました。」

ダ:「!!!!」

私:「ビックリですよね。」

ダ:「延長コードでご使用ですか?」

私:「まさか。1200Wもの電力使用なので直挿しです。」

ダ:「もう全く電源付かないですか?」

私:「え、焦げてるんですよ。怖くて挿せません。」

ダ:「ですよね…。」

私:「壁のコンセントカバーも焦げちゃってますし。」

ダ:「直ぐに交換品をお送りいたしますので燃えた品物を送り返してください。」

私:「はーい。」

ダ:「コンセントカバーの件も弁済が必要でしょうか。。。」

私:「とりあえず電気屋さんに診てもらうので結構です。」

ダ:「必要でしたらご遠慮なくお電話ください。」


アップルのサポートセンターと比べたら、とても丁寧な対応で好感が持てる。

交換品の送付まで一週間掛かると言われたけど2日で到着。

201501xx194403.jpg

201501xx194648.jpg

クロネコのおっちゃんが「2つとも不良交換ですか…。」と。

なんかクレーマーとかに勘違いされてたらヤダなー。。。


過去機種のAM05は同じく発火症状でリコール出てますがこれもリコールになるんじゃないだろうか。

燃えない、安全が一つの売りであるこのヒーターですが、まさかコンセントが燃えるとは。

盲点でしたよダイソンさん。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[ジャンル/テーマ]: 趣味・実用/デジタル家電・AV機器
[カテゴリ]: Gadgets
[タグ]: お出かけ・お買いもの
[2015/02/13 22:57:57] | Trackback(0) | Comment(6) | [Article Edit]

Re: 燃えないはずのダイソンのファンヒーターが火を噴いた

その昔、学生時代に学寮の庭でホットプレートを使って焼肉をやっていたところ、延長コードのリール部分から発火したことがあります。経験していれば、或いはちょっと考えれば分かるのでしょうが、無知とは恐ろしい。

何より、怪我や事故に至らなくて良かった?です。感電死してたかも知れないでしょう。早いところ原因究明して欲しいですが、提示された別製品の原因と一緒なら、リコール対象でしょうね。

ダイソン、、、強力なイメージでしたが、顧客対応はマルですね、事故を起こしはしましたが。
[ 2015/02/14 00:27 ] [ 編集 ]

>> northernhawkさん

熱出す系と長寸コードは混ぜるな危険ですね。
別に歩留まり100%とは思ってないから不良品があるのは仕方ないんで、いかにサポートで気持ちよくさせてもらえるかですね。全然関係ないですがロジクールのサポートは今までで一番素晴らしいです。ダメだったのはキヤノン。
[ 2015/02/15 15:26 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/20 19:48 ] [ 編集 ]

>> 名無しさん

どうもこんにちは。
オファー、非常にありがたいんですが、私のブログのせいで迷惑を掛けてしまうかもしれないので今のところリンクは設置していないんですよ。でもテンプレートを変更する際には検討させてもらいます。
[ 2015/02/21 17:04 ] [ 編集 ]

Re: 燃えないはずのダイソンのファンヒーターが火を噴いた

うちの母親もam09で同じ現象起きたらしいです。情報ありがとうございました。
[ 2022/02/05 17:10 ] [ 編集 ]

Re: 燃えないはずのダイソンのファンヒーターが火を噴いた

我が家のam09によって火事になりました、全焼扱いです、原因の参考になりますので、非常に助かります、ありがとうございました。
[ 2023/01/06 13:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する Visible only to author

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://e55e55.blog.fc2.com/tb.php/321-5a684325