FC2ブログ







中国での過ごし方 「万里の長城 慕田峪長城」編

死ぬまでに一度は行ってみたかった万里の長城に遂に行くのですが、日本を発つ前から不安だったのはこいつ。

IMG_4288_iphone.jpg

ホテルから70kmぐらいある道のりをこんな車で行くっていうんだからもう不安で不安で仕方ない。

マニラでは10kmの道のりでも車酔いしてしまうこの私がこんな車で山道をひた走るなんて想像もできないし、本当にホテルでお留守番してようかとも思ったけど一生に一度でいいから行ってみたかったので意を決して乗り込みます。

車内で携帯いじったら酔うので道中の写真は無し。

幸い、ドライバーの運転が非常に上手かったのでシフトチェンジのショックもなく、だだっ広い中国の高速道路をひた走り、山道と言っても片側1車線は余裕の道路状況で「なんだ、余裕じゃんか!」と1時間半ほどで到着。

IMG_4311_iphone.jpg

IMG_4316_iphone.jpg

なんか想像してた風景とは異なり、吉野家にバーガーキング…。

DSC04594.jpg

DSC04598.jpg

DSC04595.jpg

なんとここから利権の関係でバスに乗せ換えられ、聞いてないよ~のダチョウ倶楽部状態で第二ラウンド。

IMG_4295_iphone.jpg

たった5分の乗車でした…。

IMG_4355_iphone.jpg

ひたすら坂道を上る。

IMG_4297_iphone.jpg

IMG_4299_iphone.jpg

DSC04600.jpg

こっから更にロープウェイで山頂へ。。。

IMG_4292_iphone.jpg

DSC04631.jpg

DSC04599.jpg

デブが乗ってるのか、右側が傾いてる。

IMG_4300_iphone.jpg

ひゃ~、怖い!

DSC04602.jpg

DSC04605.jpg

ロープウェイを降りる。

DSC04630.jpg

で、ドーン!

IMG_4307_iphone.jpg

DSC04609.jpg

DSC04611.jpg

DSC04607.jpg

マジで貸切状態。

DSC04613.jpg

DSC04625.jpg

DSC04629.jpg

いやー、最初は八達嶺の方にばかり行くと思ってたらエビちゃんが「あー、なんか違う方に運転手が向かってますね~。でもまあ大丈夫でしょう。」とか言うから予定通りに物事が進まないと不安になる私は超焦ったんですが、結果的には車酔いも全くせず大満足でした。

ここ、最近できたスポットらしいんですが大丈夫ですかね。

バブル弾けかけの中国経済状況下でこんな立派な施設作っちゃって、案の定何軒かの土産物屋は既に閉店してゴーストタウン化してましたけど…。

超有名なのが八達嶺のほうで、今回のところは慕田峪長城ってところ。

私はもちろん今回が初めてなので違いはわからんがどっから見たって同じようなもんだろうから人が少ない方が良いに決まってます。


帰り道のとある崖。

IMG_4327_iphone.jpg

こんな感じに滝が凍るぐらいの気候だったのでたまたま空いてたのかな?

この近くの路上で唐突にいちごの路上販売しててみんなが買え買え行ってたけど怖くて買えませんよあんなの。。。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2016/01/27 22:34:06] | Trackback(0) | Comment(4) | [Article Edit]

Re: 中国での過ごし方 「万里の長城 慕田峪長城」編

俺沈み込んでる側に座ってた。
[ 2016/01/28 12:03 ] [ 編集 ]

>> Teppeiさん

思いっきり傾いてましたね。でも最近ちょっと痩せましたよね、貴殿。
[ 2016/01/28 21:49 ] [ 編集 ]

おすすめ

車酔いにはマット運動の前回りと後回りが効きます。布団の上で、各3回位数日続けてみて下さい。最初は気持ち悪くなるかもしれませんが、慣れる頃には車酔いも楽になると思います。勿論、効果は保証出来ません。子供の頃に車酔いの激しい子は遠足や修学旅行の前に 体育館でやらされました。結構効果はあるようです。車に乗る前ではなく、寝る前でいいんです。
[ 2016/01/28 21:53 ] [ 編集 ]

>> たくちゃんさん

やってみましたがマジで気持ち悪くなりました。。。
でもこれ、やり続けると慣れるっぽいですね。ここぞという時の前日にやってみるのはありかもしれませんねー。直前にやると死にそうですが。
[ 2016/01/30 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する Visible only to author

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://e55e55.blog.fc2.com/tb.php/457-3e576361