FC2ブログ







マレーシアでの過ごし方 「KLタワー」編

クアラルンプールのシンボル、ペトロナスツインタワーに押され気味ですがKLタワーという電波塔もシンボルの一つと言えるでしょう。

ということでこちらにも登ります。

アクセスは、シャングリ・ラから徒歩5分程度でKLタワーの立つ丘のふもとに到着します。

そこからは無料のシャトルが15分間隔ぐらいで出ているのでそれを利用します。

歩くことはできるとおもいますが、延々坂なので辛いと思います。

車なら数分で頂上まで到着できますよ。

KLタワー


入口でさっそくチケットを購入しようとすると、どうやら展望台が2種類あるとのこと。

1つは一般向けのガラス張りのいわゆる普通の展望台。

そしてもう1つは柵無しの屋上でのパノラマビューが楽しめる展望台。

後者のほうは「飛び降りません」「風で吹き飛ばされて死んでも文句言いません」的な誓約書にサインしないと購入できません。

まだ死ぬ気はないので後者を購入します。


で、まずはいきなり屋上から見学するよう、エスコートされます。

KLタワー

KLタワー

KLタワー

KLタワー


一人でパシャパシャ写真を撮っていると、綺麗な外人姉ちゃんに話しかけられます。


姉:「ヘイ、あんたパノラマ写真の撮り方知ってる?」

私:「ん?知らない。」

姉:「このスマホで撮って。」

私:「いや、撮り方知らないけど…。」

姉:「大丈夫、私が知ってるから教える。」

私:「じゃあ自分で撮れば…。」

姉:「自分で撮ったら私が写れないじゃないの!」

私:「ああ、なるほどー。」



と、渡されたスマホはGalaxy S4。


姉:「なんだ、あんたもS4使ってんじゃん!」

私:「でもパノラマなんて使ったことない。」

姉:「ったく。こうやってゆっくり水平に動かすだけ!」

私:「OK, やってみよ。」



ところが、やはり初めての私にとっては難しい。

15分ぐらい、ああでもない、こうでもないとやり取りをして、ようやくお気に召す写真が取れたみたいで、

姉:「ありがと!」

私:「どういたしまして。どっから来たの?」

姉:「トルコ!あんたは中国でしょ?」

私:「日本です」

姉:「マジ?なんで英語話せるの?」

私:「なんでって言われても困るけど…」

姉:「日本人は全員英語話せないと思ってた!」



と吐き捨てて満足気に去っていきました。

日本人ってどんなイメージを持たれているのでしょうか。

それにしてもすんごい綺麗な姉ちゃんだったなー。


という訳で私もそのパノラマ写真なるものを撮ってみた。

KLタワー

カメラのせいなのか、しょぼいなー…。


さて、続いてタワー中腹のガラス張り展望台へ。

KLタワー

シャングリ・ラ発見!


っていうか順番逆の方がいいと思うんだけどなー。。。


タワー1階にはなぜか蜂の店がありました。

KLタワー



記念にKLタワーの形をした水をくれます。

KLタワー



夜に登ったせいもあったと思いますが、ツインタワーよりこっちの方が楽しかったなー。

写真は撮りませんでしたが、お土産用の売店になぜかキャセイ、マレーシア航空、JAL等の飛行機のプラモが売られていました。

なぜだ…。



少しでもおもしろかったり役に立ったりしたら、どれでもいいので是非「読んだよ」のクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
関連記事 Related Articles
[2014/03/03 20:00:00] | Trackback(0) | Comment(2) | [Article Edit]

英語

私もそれほど得手ではありませんが、そのようなシチュエーションに遭遇してみたいですね。

外国では、日本や日本人の偏ったイメージが流れているのかもしれませんね。これだけ情報社会なのにですね。
[ 2014/03/03 20:42 ] [ 編集 ]

Re: 英語

>> northernhawk さん
いや、私も全然話せないんですよ。
発音なんて完全にジャパニーズイングリッシュですから…。

日本人のイメージは「優しい」で万国共通だと思っていたのでそういうイメージも確かにあるのかな、と考えさせられたひと時でした。
[ 2014/03/03 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する Visible only to author

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://e55e55.blog.fc2.com/tb.php/69-80838716